旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」7月号
6/32

4阿蘇が呼んでます。Come back!!ASOBOY!1234567駅でレンタサイクル!阿蘇駅のインフォメーションセンターでは、電動アシスト付きの自転車を貸し出し中。2時間以内300円。□営9時~17時 □休なし ☎0967(34)16001日2往復、12月まで別府・大分~阿蘇間で運行するD&S列車「あそぼーい!」。■「道の駅 阿蘇」では、評判の「阿部牧場」と「竹原牧場」の牛乳を使ったミルクとヨーグルト計3種のソフトクリーム食べ比べが人気(写真は阿部牧場のもの)。各350円。■館内の「阿蘇プレミアムコーナー」では商品に詳しい「特産品コンシェルジュ」が厳選の品々を紹介。■4カ国語対応の阿蘇市観光案内窓口。■■野菜や果物はもとより、地元で開発された商品も広く取り揃えた、物産コーナー。地元高校生と連携した商品開発も行っている。■施設内には、ロードバイクのサドルラックも設置。■「道の駅 阿蘇」 □営9時~18時(季節変動あり) □休なし ☎0967(35)5088 別府をたち、九州の真ん中へと走り出した列車は、やがて県境を越え、世界最大級のカルデラへと峠を上ってゆく。 眼下に広がる、阿蘇谷の大パノラマ。外輪山の内へ入れば、根子岳、高岳、中岳…と雄大な阿蘇五岳が車窓に現れ、あっという間に阿蘇駅に到着となる。 そこで目を引いたのが、レンタサイクルする人の姿。駅を起点に阿蘇神社や内牧温泉にも行けるという。隣接する「道の駅 阿蘇」で申請すれば、飲食店や温泉施設の割引など、サイクリング専用のさまざまな特典ももらえる。   もともと住民による地域づくりから生まれた「道の駅 阿蘇」では総合案内所も併設し、自然や文化を伝える多彩なイベントが催されている。店内は阿蘇の魅力的な特産品でいっぱい。国内外で高い評価を得た商品や新製品に出会える、ユニークな「阿蘇プレミアムコーナー」もある。ねこ1234567「あそぼーい!」で始まる、夏の阿蘇の旅

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る