旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」4月号
12/32

1010文=永田知子Text by Tomoko Nagata写真=久我峻也Photo by Syunya Kuga●唐津市●松原をゆったり散歩深呼吸してリラックス なだらかに弧を描く松原を、「虹」に例えて名付けられた虹の松原。幅400〜700m、長さ約4・5キロの敷地に、防風・防潮のためおよそ100万本の松が植林されている。日本三大松原の一つとして知られるが、国の特別名勝に指定されているのはここだけ。もっとも美しい松原といわれている。 福岡市内から鉄道やバスを利用して約1時間。アクセスの良い観光地で日本の道百選に登録されているが、松原内を「散歩」したことのある人は、少ないかもしれない。実際に歩いてみると、とても静かで空気が清々しい。松の樹木は、殺菌とリラックス効果のある〝フィトンチッド〞を発散しているそうだ。なるほど、しばらく歩いてもさほど疲れを感じないし、気分も穏やか。心的効果はありそうだ。 グネグネと自由に伸ばした枝が、違う生き物を想像させるやわらかな光が差し込む松原を散歩して、由緒ある邸宅でお茶をいただく、いい時間。松につられて、こちらまで体が斜めになる。虹の松原、東の浜海水浴場付近で。すがすが

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る