旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」4月号
21/32

1989121011博多駅から鹿児島中央駅まで九州新幹線で約1時間30分。■「やわら香」店内。精油工場もすぐ隣。■地杉100%精油のほか、特産のたんかん精油なども。■中心が黒っぽいのが屋久島の杉の特徴。■精油を抽出した後のチップも販売。■林の中にある「s.p.a. kioku」へは店から車での送迎がある。鹿児島中央駅から屋久島への船アクセス鹿児島中央駅前の東(5)のりばから鹿児島本港高速船ターミナルまでバス「ドルフィン号」で約20分。鹿児島本港から「高速船トッピー・ロケット」で宮之浦港または安房港まで約1時間50分~約3時間。※種子島経由、指宿経由など便により所要時間が異なる 屋久島らしいお土産を求めて「やわら香」という店を訪ねた。ここは島の地杉から採った精油を製造販売している。屋久島の標高500m超の山地に自生するスギだけを「屋久杉」と呼び、それ以外の、例えば人工林のスギが「地杉」にあたる。森を守るために切った地杉の間伐材を有効利用しようと、精油に着目したそうだ。アロママッサージを受けられるサロン「spa kioku」も併設。山歩きで疲れた後に来てみたい。 小瓶に入った地杉の精油は、そのまま屋久島の森の香り。帰ったらポットに数滴落とし、島での時間を追体験するとしよう。屋久島空港白谷雲水峡宮之浦港縄文杉屋久島ヤクスギランド千尋の滝屋久杉自然館安房港やわら香(s.p.a. kioku)八万寿茶園JRホテル屋久島至鹿児島←至種子島←81011129...か

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る