旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」6月号
11/32

9「もっと気軽にイタリアンを楽しんでもらえるよう、工夫していきます」と小野さんご夫婦。海外からの観光客が多い別府。同店にはフランスやスペインなどヨーロッパからのお客さまも。オレンジ色が目印。エントランスに並ぶハーブの鉢は、お客さまからのプレゼントだそう。□営11時30分~14時30分(14時L.O)、17時30分~24時(23時30分L.O)□休月曜 ☎0977(75)6669大分県別府市北浜2丁目1-20 クリエイトビルAndoh 1F別府駅東口から大通り左側を海の方へ直進、徒歩約4分。文=永田知子 写真=松隈直樹イタリアンを愛する別府駅・甲斐駅長のオススメは、「Y’s Dining BAR」。若いご夫婦が切り盛りする店で、パスタのほか無農薬野菜のサラダの評判が良い。さらにシェフの人柄も良いと、駅長もお気に入りだ。 別府生まれのオーナーシェフ小野さんは福岡、東京で料理を学び、2年前に帰郷して同店を開いた。噂の無農薬野菜は、「もともと父が孫のために家庭菜園で作っていたのを、ここの開店に合わせ畑を拡大しました。別府の山側は日当たりが良く、おいしい野菜が育ちます」。毎朝、父が愛情を込めて育てた無農薬野菜を収穫し、その日のランチに息子が調理する。イタリアンをもっと身近に感じてほしいと、パスタやスープに白だしなど和食の調味料を加えることもあるそうだ。6月はスナップエンドウ、ズッキーニ、ミニトマトなどがサラダに並ぶ予定。小野さんのすがすがしい口調に、駅長をはじめさまざまな人に愛される店と納得した。Y’s Dining BARおすすめポイント!いろいろ味を試したいと思いつつ、いつもトマトソースを選んでしまう私です(笑)さん別府駅長甲斐 裕明別府駅日豊本線別府タワー別府湾竹瓦温泉至大分至小倉Y’s Dining BAR←←

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る