旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」11月号
11/32

9お昼は早めに、1~2人で行くのがオススメ。手作りのカウンター4席、2人がけテーブル2卓、4人がけ1卓のコンパクトな店内。卵の「ふわっとろっ」感に驚く人も多いそう。写真は和風きのこオムライス+ホワイトソース。□営11時30分~15時(14時30分L.O)18時~21時(20時30分L.O)□休日曜、第3月曜 ☎093(533)6088※予約不可 福岡県北九州市小倉北区浅野2-5-6 浅野ビル1階小倉駅新幹線口を出て左、浅野二丁目交差点を渡って右、1本目の路地を左に入って突き当たり。文=永田知子 写真=松隈直樹「「人に教えるたびお客さまが増えて入りづらくなる」と言いながらも、小倉駅の種生駅長が教えてくれた、オムライス専門店「玉子物語 エッグストーリー」。特に女性は高確率で、その「ふわっとろっ」のとりこになるそうだ。 新幹線口から歩いて5分ほどの所にある小さなお店で、昼時は行列ができる。1996年にオープン。未経験だった店主の黒川さんが、試行錯誤を繰り返して生み出したオムライスは、見た目はシンプルだが、その中身はここだけのもの。「ふわっとろっ」がベストな状態で出されるので、固まる前にすぐ食べるのが流儀。しかもこの卵焼き、いわゆる半熟オムレツ系ではなく、ふわふわの薄焼き卵なのだ。何かに当たれば卵が裂けてしまう、そんなギリギリの焼き具合。しかも一点の焦げ目も見当たらない。これは新感覚かもしれない。 噂が噂を呼び、人気店となって20年。ある時「こちらのおかげで、息子がうちのオムライスを食べなくなった」と言いに来た女性がいた。彼女は現在、常連のお客さまだそうだ。玉子物語 エッグストーリーおすすめポイント!20年ほど前から、いまも月2~3回はお昼に通っています。さん小倉駅長種生 宏己小倉駅山陽新幹線至門司港至別府鹿児島本線西小倉駅小倉城玉子物語エッグストーリー←至博多←日豊本線←たねお

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る