旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」1月号
17/32

15大分といえば“おんせん県”!ということで、不思議な温泉のお話。「ねこのおんせん」別役実、佐野洋子教育画劇/1,200円(税別)大人でも楽しめる絵本の魅力を多くの方に知ってもらいたいです。絵本選びで迷ったら気軽に立ち寄ってお声かけください!2017年5月にオープンした小さな絵本屋さん。さまざまなタイプの絵本を新刊・中古本から幅広くセレクト。月替わりのテーマを設定した「おはなし会」やイベント等での出張販売も行う。□営10時~18時 □休月曜 ☎097(594)3100絵本屋かのこ岸本由紀子さん今月の書店員さん絵本屋かのこ大分駅から徒歩約6分ボンボとヤージュザ・キャビンカンパニー以前、JR九州のラッピング列車の原画も手がけた大分在住の絵本作家ユニットの作品。子どもも大人も、めくるたびにわくわくできる宝さがしの旅のお話。Gakken/1,620円大分も大きな揺れを観測した熊本地震の際、作家自身が体験した出産がもとになって生まれたお話。「あかんぼっかん」ザ・キャビンカンパニー偕成社/1,620円「BEPPU PROJECT」で活動する、いまいずみやすこさんが絵を担当。お店が電車になって星を旅する!「おみせやさんでんしゃ」林木林、いまいずみやすこ交通新聞社/1,404円ほかにも!どこかへ旅に出たくなる絵本旅 本地図を片手に山、海、まちへ!宝を求めて冒険の旅に出たくなるおおいた生まれの元気な絵本。vol.9と個性派ミュージアムのほか県内各地で活動する芸術家たちが元気なまち。●大分県大分市Focus on Oita書店員が好きな

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る