旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」1月号
20/32

1813256487910海に浮かぶ神社で新年を占うDay22日目■男女別の大浴場にはそれぞれ季節が異なる富士山のダイナミックな壁画が描かれている。■大浴場には露天風呂も備わる。■朝食は敷地内のイタリアンレストラン「パラディソ」でバイキング。■~■「漁師の牡蠣小屋」の牡蠣焼きは1kg(7~8個)で1,500円。サザエ・ホンビノス貝(■)・ヒオウギ貝セット980円。そのほか宮崎牛や鶏、豚の肉焼きも。□営11時~19時30分L.O(月・水・木は~15時L.O)□休火曜、荒天時■太平洋から昇る朝日。■レンタサイクルは2人乗りや子ども用まで用意。1時間1,000円、4時間1,500円。■目の前に海が広がる「パラディソ」のテラス席。境内入り口で出迎えてくれる、山幸彦と豊玉姫の埴輪。DATA & INFO徒歩約15分☎0985(65)1262「日向神話館」 入館料600円(中高生400円、小学生300円) □営8時~17時 □休なし青島神社徒歩約3分立ち寄り入浴540円(6時~22時、最終受付21時30分)。1泊朝食3,980円~(1室4名利用時の1名料金。チェックイン15時/チェックアウト10時 ☎0985(77)5525 ※「漁師の牡蠣小屋」の問い合わせもこちら青島フィッシャーマンズ・ビーチサイド ホステル&スパ青島駅紹介したスポット情報をチェック! 施設内には温泉浴場もあり、南国らしい色彩の絵が目に飛び込んでくる。宮崎出身の日本画家、立山周平氏によるものだ。お湯はpH値9・4のアルカリ性単純硫黄冷鉱泉でなめらか。地元の常連さんも多いという。 ここは〝ホステル〞という名の通り、客室は至ってシンプル。その代わり、浴場横の休憩スペースや屋外のテラスなどが充実していて、実に開放的に過ごせて気持ちいい。泊まった翌朝、太平洋から昇る朝日を浴びながら朝食をいただいた。 チェックアウト後もここを拠点に青島を満喫する。まずフロントで自転車を借り、ヤシやビロウの林が続く海沿いの道を鬼の洗濯板の方までサイクリング。おなかをすかせたら、再びホステルへ戻り、屋外に設けられた「漁師の牡蠣小屋」でランチだ。 ここも牡蠣の養殖に取り組む地元漁師と一緒に運営しており、牡蠣をはじめ海幸彦海老、サザエ、ホンビノス貝、そして朝獲れ鮮魚を炭火焼で味わえる。養殖も順調青島への玄関口12345671010はにわ

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る