旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」1月号
4/32

2九州新幹線東市来駅 川内駅鹿児島中央駅鹿児島本線SATSUMA文=船木麻由 Text by Mayu Funaki写真=髙柳聡司 Photo by Soushi Takayanagi◎プリーズ特集◎幕末から明治にかけて日本が大きく変わろうとしたその時、ここ鹿児島では、薩摩焼を中心に工芸の世界で維新が起きていた。それは、生きる力の爆発だった。再発見あまねく世界を魅了した十二代沈壽官による「錦手四君子図蓋透彫角型香炉」。19世紀後半~20世紀初め。(沈家伝世品収蔵庫〈沈壽官窯〉蔵)透かし彫りが施された香炉19世紀後半の「錦手唐子像」。アメリカ ウォルターズ美術館©The Walters Art Museum, Baltimore, Maryland, 49.872海外に輸出された唐子の像にしきでしくんしずふたすかしぼり(P2~P4の黎明館展示作品は除く)

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る