旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」2月号
11/32

930年勤める古賀さん(左)と真島さん(中)、店主の岡さん。和気あいあいとして楽しそうだ。店頭ではコーヒー豆を販売。食後のコーヒーもサイフォンで一杯ずつ丁寧に淹れてくれる。こぢんまりとして居心地のいい店内は、近隣の方や会社員など、常連客でにぎわう。□営7時30分~20時30分(ランチは11時~14時30分)□休1/1☎0952(25)2971佐賀市駅前中央1丁目11-1 佐賀駅ビル・えきマチ1丁目佐賀内文=永田知子 写真=松隈直樹佐賀はまじめな人が多い、というのが佐賀駅熊谷駅長の着任当時の印象だそうだ。熊本地震の際、佐賀の人たちは列車の遅れに対して何も言わず、「自然災害だもの。JRがんばれ」と励まされた。その姿に感動したという。 駅長紹介の喫茶店「コロンボ」は、駅ビルの中でも歴史あるお店だった。店主の岡一光さんが、最初の店を市内に開いて昨年で50年、3店舗目を佐賀駅に出店して43年になる。現在は同店のみの営業だが、お昼から14時ごろまでほぼ満席。岡さんは「入り口は喫茶店だけど、中は食堂だよ」とお茶目に笑う。この日のおかずは牛煮込みで、ごはんが進む甘辛い味付けだった。味噌汁は佐賀産の味噌など3種類をブレンド。やわらかいキャベツサラダにかかる自家製ドレッシングは、人気が出て販売もしている(490円)。喫茶店だからか、〝ブレンド〞上手な気がする。以前はコーヒーとパンだけだったメニューを売上維持のため食事の提供も始めたが、結局手間も経費もかけている。年配の女性客を気遣いながら、岡さんが「人をハッピーにしたいからねぇ」とポツリ。その優しさも、味にブレンドされている。COFFEEコロンボおすすめポイント!12時前に行くのがオススメ。ステーキやカレーもありますよ。さん佐賀駅長熊谷明博佐賀駅佐賀市役所長崎本線えきマチ1丁目佐賀至鳥栖COFFEEコロンボ←至肥前山口←かずみつ

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る