旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」3月号
13/32

11大畑駅で愛でる桜とフレンチおこば 熊本、宮崎、鹿児島の3県を走る肥薩線。全長は八代駅から隼人駅の間の124・2キロ。八代から人吉まで翡翠色の球磨川と並走する線を〝川線〞、人吉から深緑の森を抜けて行く吉松までを〝山線〞とも呼ぶ。その川線山線を走るのが、明治の鉄道の偉人にちなんで名付けられたD&S列車「いさぶろう・しんぺい」だ。ノスタルジックな列車は海沿いから内陸へ、奥へ奥へと進む。車窓の風景は静けさを増していき、気肥薩線 ループ線・スイッチバック■無人の大畑駅。「大畑駅を愛する友の会」が手入れしている。■無数の名刺を見ていたら、貼りたくなる。■大畑駅から徒歩約5分の人吉梅園にもたくさんの桜の木がある。456123456なかつかさひ すいはやと やつ しろ大畑駅は日本で唯一、ループ線の中にスイッチバックがある駅。さらに標高が高い矢岳駅へ、山をひと回りして勾配を緩和しながら登る。※「いさぶろう3号」「しんぺい2号」は人吉~吉松間を運行します。付いたら日常を忘れている。 春の肥薩線は、実は桜の名所でもある。人吉駅から〝山線〞で一つ目の、ループ線・スイッチバックで知られる大畑駅には106本の桜があるそうだ。以前はちょうど100本だったが、遠方から「娘の結婚記念に」など植樹する人がいて増えてますと、駅を清掃する地元の方が教えてくれた。 駅舎の壁いっぱいに貼られた名刺もここの名物だ。きっかけは30年近く前、無人駅となった際に置かれたノート。メッセージだけいさぶろう・しんぺい運行区間熊本新八代八代人吉大畑矢岳真幸吉松■メインを選べるランチコース。左手前はくまもと黒毛和牛「和王」と「球磨の黒豚」(2,500円)。球磨川の辺りでとれる野菜パフェも優美。■シェフの中務さん。渡仏後、銀座のフランス料理店を経て人吉で開業。■「囲炉裏キュイジーヌ LOOP」 □営11時30分~17時(ランチ~15時/14時L.O、カフェ14時~17時/16時L.O)ランチは要予約。□休 水曜 ☎0966(23)1003123でなく誰かが名刺を残していき、いつしか壁に名刺を貼ると出世するという話になった。 この駅に、昨年9月レストラン「囲炉裏キュイジーヌ LOOP」が誕生している。シェフの中務さんは人吉市内でフランス料理店を営んでいた。移転を考えていた頃、同店のプロジェクトの依頼を受けた。「あぎゃん所に?と思いましたよ(笑)。でも話が面白かった。また新しい挑戦です」(この話の続きは次ページで)。明治の木造駅舎を改装した店内は、カウンターとオープンキッチンのみ。窓の向こうに桜が立ち並んでいた。満開の時、ここで食事ができたら、どんなに素晴らしいだろう。3月下旬には桜まつりも予定されている。

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る