旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」3月号
15/32

13●人吉市●人吉市観光のお問い合わせは人吉市観光振興課 ☎0966(22)21115689107■「くまりば」の温泉は中学生以上350円、3歳~小学生100円。タオル100円。15回3,500円の無期限回数券あり。■エントランスの展示など、中は隈研吾氏・原研哉氏が監修。■水上村の杉に人吉の魅力が綴られている。「くまりば」 □営 9時(温泉は13時)~21時 □休 火曜 ☎0966(22)56101089急流・球磨川も人吉市中心部では穏やか。球磨川下り清流コースは発船場(人吉市下新町)から温泉町の着船場(旅館翠嵐楼前)まで約50分のゆったりした船旅。着船場からは無料シャトルバスで発船場まで戻る。「球磨川下り」☎0966(22)5555 (写真提供:人吉市) 川線山線の真ん中、人吉も桜の美しい場所だ。球磨川のほとりにある相良700年の居城「人吉城跡」では、約230本のソメイヨシノが花を咲かせる。対岸の発船場から「球磨川下り」の遊覧船にに乗船し、船から人吉城跡を眺めれば、桜と石垣のコントラストが楽しめる。 散策中に、「くまりば」で立ち寄り湯をするのもいい。国民宿舎を改装した市の施設で、とろみのある美肌の温泉がある。ここ美肌の温泉と球磨焼酎飲み比べ球磨川下り至八代・熊本一期屋くまりば球磨川下り発船場球磨川下り着船場翠嵐楼人吉城跡←至吉松←肥薩線くま川鉄道人吉温泉駅西人吉駅人吉駅(人吉市観光案内所)渡駅球磨川●●●●●●●博多駅から熊本駅まで、九州新幹線で約40分。熊本駅から人吉駅まで「いさぶろう1号」で約1時間40分。はかつて相良家の下屋敷があった場所。球磨川沿いの窓辺から、時折ヤマセミの姿が見られることもあるそうだ。 お土産はやはり球磨焼酎、だけど何を選べばいいか分からないときは専門店が味方に。全28蔵の焼酎が並ぶ「一期屋」では店内奥のカウンターで試飲ができる。常圧、減圧、樽と製法の違いで味わいがガラリと変わるのが面白い。3月24日(日)まで市内各所で「人吉球磨は、ひなまつり」も開催中。各協賛会場ではホット梅酒も振る舞われる。列車で行く春の旅で、心地よい一日を過ごしてほしい。■球磨焼酎専門店「一期屋」。店内は宝箱のよう。■笑顔抜群のスタッフ髙田さんに教えてもらいながら試飲(3種 400円~/16時まで)。■ヴィンテージ焼酎もある。「一期屋」 □営 9時~18時 □休 不定 ☎0966(22)2374567

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る