旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」5月号
13/32

114年ぶりのミヤマキリシマ■■■「たべコギ」は自転車レンタル+グルメチケット7枚で3,500円。阿蘇市内23カ所のグルメ・ドリンクに対応。右のQRコードからチラシを印刷して持参すると500円引きに。予約・問い合わせは「クランプ」。 □営9時~17時 □休木曜 ☎0967(32)0928 ■■「阿蘇deスイーツめぐり」チケット3枚つづり500円、道の駅阿蘇などで販売。ジャージー牛乳の天然アイス(写真)など18店舗から選べる。3456723467155月の阿蘇は、新緑のまぶしいベストシーズン。写真は大観峰から。 この時を待ちわびていた人も多いだろう。4月、阿蘇・仙酔峡のミヤマキリシマへのルートが再開した。2016年4月の熊本地震で立ち入りが規制されて3年、開花時期が5月のためその年から数えると、仙酔峡でミヤマキリシマが見られるのは、実に4年ぶりとなる。5月の山々を、目の覚めるピンクに染めるミヤマキリシマ。九州の高山に自生するツツジの一種で、その群落の広大さにも希少価値があり、一部は国の天然記念物にも指定されている。名前に付けられた霧島のほか、雲仙、くじゅう、そして仙酔峡のある阿蘇一帯などで見られる。新緑の山にピンクの花々が広がる風景は、九州ならではの絶景なのだ。 阿蘇は、本格的な復興に向けて動き出している。「阿蘇カドリー・ドミニオン」では2月、テレビ番組で人気を博したチンパンジーのトレーナーの宮沢厚氏が新園長に就任。「動物も楽しい、人も楽しい動物園」をコンセプトに、今年はさまざまな企画が考えられているようだ。 また阿蘇市内では、地元食材を生かしたグルメを、レンタサイクルで食べ歩きする「たべコギ」プランが昨年からスタートし、好評を博している。阿蘇のスイーツに特化した「阿蘇deスイーツめぐり」プランもある。こちらはすでに人気で、この春シーズン12に突入。阿蘇は花も団子も、どちらもたっぷり楽しめる。■「阿蘇カドリー・ドミニオン」で今年2月新園長となった宮沢さんと、チンパンジーのプリンちゃん。■世界最大のネズミの仲間・カピバラの池では、触れ合いも。高校生以上2,400円、小・中学生1,300円、3歳以上700円 □営9時30分~17時(土日祝は17時30分まで) ☎0967(34)202021

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る