旅のライブ情報誌 「Please(プリーズ)」5月号
14/32

121243■「温泉療養文化館 御前湯」。温泉相談室では入浴や飲泉など一人一人に合った健康増進プログラムも受けられる。入浴料500円。 □営6時~21時(受付は~20時) □休第3水曜 ☎0974(64)1400 ■長湯温泉の飲泉は胃腸の働きを助け、便秘にも効果があるそう。12■「ラムネ温泉館」。二つの源泉があり、大浴場の外湯は32℃の炭酸泉、内湯は42℃の炭酸水素塩泉。家族風呂も同様に湯船が二つある。■建築は藤森照信の手による。入浴料500円。 □営10時~22時 □休第1水曜(1月・5月は第2水曜)☎0974(75)2620345月頃の「くじゅう花公園」。季節の花園のほか野菜中心のバイキングレストランなどあり。 大人(高校生以上)650円~1,300円、5歳~中学生250円~500円。※季節変動あり。□営8時30分~17時30分(入場は30分前まで) □休12月~2月 ☎0974(76)1422 阿蘇の隣、くじゅうにもミヤマキリシマの自生地があるが、500種500万本の花々が育てられている「くじゅう花公園」も訪ねたい。5月はまさに花の季節。約22万平方メートルの敷地では、ブルーのネモフィラ、カラフルなリビングストンデージー、さまざまな春の花がパッチワーク状に配された春彩の畑などが目を楽しませてくれる。さらに5月半ばからはローズガーデンが見頃に。くじゅうで花を愛で長湯の炭酸泉へバラネモフィラくじゅう連山の麓で花々に癒やされたら、続いて長湯温泉へ。 温泉豊かな九州でも珍しい、それどころか世界屈指といわれる高濃度の炭酸泉が湧く「長湯温泉」。お湯に溶けた炭酸ガスが老廃物を排出し、新陳代謝を促すが、効果効能はそれ以上。近年湯治のモニター調査が行われ、その結果から血圧を下げ、皮膚水分量を増し、活性酸素を抑制するなどの効果が期待できることが分かった。また飲泉をすることで、血糖値の上昇を抑え、肥満の防止につながる腸内細菌が増加することも明らかになったそうだ。多くの研究者にも注目され、地元竹田市では温泉を利用した予防医療に取り組んでおり、温泉による健康増進を目的としたクアハウスをオープン予定。水着での歩行浴など湯の中で軽い運動もできる施設となっている。温泉療養の相談員がいる「御前湯」、高濃度の炭酸泉を有する「ラムネ温泉館」などもあり、興味深い温泉地である。 豊後竹田駅から城下町をそぞろ歩くのもいい。竹田は山々に囲まれた小さな城下町で、土塀の続く「武家屋敷通り」や瀧廉太郎が

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る